訪問看護でできること

病状の観察と看護

血圧、脈拍、体温、酸素飽和度、呼吸状態などのチェックを行い、状態の変化や異常を早期に発見し、対処するとともに予防的な支援をします。必要に応じて、主治医にも連絡をとり指示をあおぎます。

療養上のお世話

食事や排せつなどの介助、身体の清拭、洗髪、入浴の介助など、日常基本的な活動のお世話を行います。

主治医の指示に基づく医療処置や治療上の看護

点滴、静脈注射、たんの吸引、経管栄養、創傷の処置、チューブ類の交換に加え、在宅酸素療法中の場合は酸素量の調節など、主治医の指示通りに行います。また薬剤師とも連携し、服薬に関する助言、お手伝いを行います。

リハビリテーション

ADL(日常生活動作)を保つために、運動機能や嚥下機能の回復・維持、床ずれや肺炎などの合併症予防、関節拘縮の予防などについて、幅広く指導や助言を行います。

ご家族の相談と支援

訪問介護員など他の職種と連携をはかり、ご家族の介護負担を軽減し、よりよい家族関係が保たれるように助言や支援を行います。

療養環境の調整と支援

ベッド周りの医療機器の配置、薬の保管、手すりの設置や段差の解消など療養環境の整備も、他の専門職と連携し助言します。

認知症のケア

認知症の症状を理解し、心身の健康状態の把握に努め、服薬管理、事故防止、コミュニケーションなどについて支援します。

ターミナルケア

がん末期や人生の終末期を、最期までその人らしい尊厳のある療養生活を過ごせるよう、本人やご家族の思いにそって援助します。苦痛を緩和するための看護や医療処置、精神的な支援を行います。

お問合せ

Tel:03-3710-7411

Fax:03-3793-5281